エラ削りとボトックス注射の違いとは?美容整形の徹底比較

顔の印象を大きく変えるなら、やはりフェイスラインの整形が効果的でしょう。 化粧によるイメージチェンジが難しい部分でもあり、美容整形によって顔の輪郭を整えたいという方も多くいらっしゃいます。 とくにエラが張り出している場合は、顔の大きさにも影響があり、小顔ブームの現在、 輪郭を整える整形の需要は高くなっているでしょう。

顔の輪郭を整える方法には、ボトックス注射によるものと、外科手術でのエラ削りが一般的です。 それぞれの方法には、違ったメリットがあり、効果の高さも異なっています。

まず、ボトックス注射ですが、こちらは芸能人やタレントなどにも愛好されており、メディアなどでも話題となりました。 ボトックス注射には様々な効果があり、とくに有名なのが、シワの改善です。簡単な注射器による施術ですから、 アンチエイジングケアとして、取り入れている方も多いでしょう。このボトックス注射に使われる薬液には、 筋肉の緊張をほぐすという効果があり、固く盛り上がってしまった表情筋をリラックスさせることが可能です。 その作用を利用することで、くっきりとした顔のシワを薄くしたり、張り出しているエラ部分をなだらかにすることができるのです。 ボトックス注射で顔のラインを整える場合、その効果は永続的なものではありません。注入された薬液は患部に留まりますが、 時間とともに吸収されて、効果が薄れていくのです。もしずっと顔のエラがない状態を保ちたいのであれば、半年から数年ごとに、 再施術が必要となります。これはデメリットともいえますが、見方を変えればメリットでもあります。 もし、仕上がりが期待と異なっていたとしても、時間が経過することで、元の輪郭に戻れるということでもあるのです。

外科手術によるエラ削りの場合、その最も大きなメリットは、効果が半永久的なところでしょう。 エラの原因となっている骨の張り出しを削りますから、時間が経過しても、輪郭がもどることはありません。 何度も施術を受ける必要がありませんから、長い目で見れば経済的となる場合もあります。 ボトックス注射と比較して、エラ削りは高い効果が期待できますが、施術にはメスが必要となり、 ごく短い範囲ですが、肌の切開を行います。通常、見えにくい部分からメスを入れますから、傷跡などが目立つことはありませんが、 一部とはいえ手術になりますから、数日間の入院が必要となります。簡単な施術ではない分、高い効果が望めるのです。

それぞれのメリットを比較すると、まず一度試してみたい、という方の場合は、 ボトックス注射のほうが向いているといえるかもしれません。また、エラが張って見えている理由が、骨の張り出しでなく、 表情筋の緊張であるのなら、エラ削りと比較しても劣らない仕上がりが期待できそうです。 逆に、表情筋には問題がなく、原因の多くが骨の張り出しにある場合には、ボトックス注射では効果が得られないといえるでしょう。 その場合、外科手術によるエラ削りのほうが、向いているかもしれません。

美容整形は近年、技術の進化とともにより身近となってきています。理想どおりの容姿を手に入れるため、 あるいはコンプレックス解消のため、多くの方が高い関心を持っているのです。どの様な施術にも、 それぞれ異なった効果をメリットがあり、単純な比較は難しいといえます。また、顔の筋肉や骨の形には個人差もありますから、 ある人には良い方法でも、ほかの人にはしっくりこないかもしれません。それぞれのメリットを知り、 自分に合った方法を見つけたいものですが、自身の顔の構造について、理解するのは難しいものです。 整形に興味のある方は、専門サロンのカウンセリングを受けてみるのが良いでしょう。

エラボトックス【東京美容皮膚科】
エラ削り 整形【横浜エーブクリニック】